日焼け止めクリームや日焼け止めグッズの利用だけでなく、体の内面からの紫外線対策も有効です。体の内部と外部、両方からのアプローチが紫外線対策効果を向上させてくれます。ビタミンCやE、βカロチン、リコピンを意識して摂取することが、紫外線に対抗しうる体質づくりに役立ちます。

紫外線を浴びないためのグッズには様々なものがあります。帽子、手袋、日傘、サングラスなどです。お肌のシミの原因となるメラニン色素の生成を抑え、紫外線に強い肌を作ります。ビタミンEを摂取するには、ピーナッツやアーモンドが適しています。このほかにはアスパラガスやカボチャなどの野菜類や、さんまやいか、いわし、きんめだい、たらこなどの魚もビタミンEを含んでいます。皮膚のターンオーバーを促進し、紫外線対策に役立てます。

ビタミンCが豊富な野菜やにんじん、にら、トマトにはβカロチンが豊富に存在しているようです。皮膚が紫外線から受ける作用を食い止め、紫外線対策を行います。リコピンは、肉や野菜、玉子や大豆などのたんぱく質に多く含まれています。免疫機能を高めて体内の活性酵素の量を減らすことで、紫外線によってメラニンが作られないようにガードしてくれます。健康のために必要な栄養は様々なものがありますが、不足分はサプリメントで補うという方法もあります。偏らずに食事をしていれば、紫外線対策としては問題ありません。

関連ページ