フラット35Sは金利が優遇されています!

フラット35Sは耐震性、耐久性、省エネ、バリアフリーなどで一定の基準を満たした住宅の購入に利用できる住宅金融支援機構の住宅ローンです。
最も高い基準に適合している場合には借入から10年間0.
3パーセントの金利優遇があります。
これがAプランになります。
その次の基準を満たしている場合は借入から5年間0.
3パーセントの金利優遇があるBプランになります。
このフラット35Sは融資金額の総額に上限がありますので、その総額に達した時点で利用ができなくなってしまいます。
また、借換には利用することができません。
住宅の新築の場合はもちろん、中古住宅でも利用することは可能です。
一般の個人が基準を満たしていることの検査を受けるのは面倒なので、新築の建売住宅の場合などは、ハウスメーカーや不動産会社が検査を受けており、フラット35Sが利用できることを住宅販売の時点でアピールしていることが多いです。
金利優遇期間が終了すると通常の金利になります。