社会保険労務士の役割と将来性とは?

一般的に会社の経営資源は、人、モノ、金で成り立っていると言います。
社会保険労務士は、この3つの重要な経営資源のうち、人に関する業務に関係する専門サービスを提供します。
具体的には、会社で働く人たちの社会保険に関する手続き、人事関係、労務関係のルールづくりや実際の運用業務に関係します。
日本においては、年金や健康保険といった社会保険については、働く人々にとって大きなウェイトを占めますし、人事についてもいつの時代になっても重大な関心事に代わりあります。
そして、未払残業代や名ばかり管理職などの労務問題は、不況の現在、経営者、労働者双方にとって重要な課題となっております。
社労士は、このような事柄に専門サービスを提供していく訳であって、その役割はますます重要になってくると思います。