総量規制対象外のレイク

消費者金融には、貸金業法により総量規制が課されています。
規制されている内容は、年収の3分の1以内までしか最大で貸付ができない。
50万円を超える場合の限度額または他の金融機関を含めた合計の債務額が100万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要。
専業主婦の方がキャッシングをするときには、同意書や婚姻証明書等の書類の提示が必要など、さまざまな規制がされています。
キャッシング会社のレイクも、こういった規制の下営業をしていた消費者金融であったのですが、銀行の事業部門下となってことで、消費者金融のキャッシングローンではなく、銀行のカードローンという扱いになりました。
そのため、貸金業者に適用される総量規制の対象からはずれたことにより、規制が関係なくなりました。
そのために、これまで総量規制ギリギリの年収3分の1一杯まで借りていた人も、レイクであれば貸金業法ではなく銀行法ですので、貸し出しができてしまう可能性もあります。
ほのぼのレイク総量規制対象外